• CLA賞
  • CLAの活動
  • 会員検索
  • 機関誌 CLA journal
  • 出版図書
  • 登録ランドスケープアーキテクト
  • ランドスケープ経営研究会

支部

  • 北海道
  • 東北
  • 関東
  • 中部
  • 関西
  • 九州
HOME > 最新ニュース > LBA シンポジウム「人口減少時代に必要とされる造園/ ランドスケープ分野のあり方とは…」シンポジウムを開催します

最新ニュース

LBA シンポジウム「人口減少時代に必要とされる造園/ ランドスケープ分野のあり方とは…」シンポジウムを開催します

2018.09.11

人口減少時代の到来は公園の役割変化を強い、造園/ランドスケープ分野以外の企業が、コミュニティ形成など新たなビジネスチャンスへと市場参入し、使い手のプロとして名乗りをあげ始めている。このため、人口減少時代に必要とされる造園/ランドスケープ分野に求められる姿を考える一助となるべく企画したものです。

 

日 時:平成 30 年 10 月 12 日(金) 13:30~ 17:30( 13:00 ~受付)
会 場:内田洋行ユビキタス協創広場CANVAS(東京区中央区新川2-4-7)
プログラム

 1.13:30 開会 ランドスケープ経営研究会 会長 金清典広
 2.13:40 KEY NOTE スピーチ
  ① 地方創生・人口減少克服に求められる論点整理   富山大学教授 金岡省吾 
  ② Park-PFI とPPnet について           (一社)日本公園緑地協会 常務理事 橘 俊光
 3.14:30 地方創生に資する地域課題解決,人口減少克服にコミットする事例紹介 
  ~日本一小さい村「舟橋村」の挑戦~        コーディネーター:富山大学教授 金岡省吾
  ① 子育てコミュニティ形成に取り組むハウスメーカー積水ハウス株式会社
  ② 子育てコミュニティ形成に取り組む使い手のプロ  AsMama
  ③ 人口減少を歯止めする子育てコミュニティ形成プロジェクト
    ~都市公園/ 造園業者の可能性~          富山県舟橋村/金岡造園/日本能率協会総合研究所
  ④ 新たな官民連携に求められる性能発注への対応  デロイトトーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社
 4.16:30 パネルディスカッション/ 会場意見交換
 5.17:30 閉会 ランドスケープ経営研究会 代表幹事 萩野一彦

参加費:会員・自治体・学生 2,000 円/一般 5,000 円(定員150 名)
      ※ 交流会(同会場) 18:00 ~ 参加費2,000 円
申込み:10 月9 日㈫締切 LBA 事務局へ

 

詳細ならびに申込み用紙等は、こちらから