• CLA賞
  • CLAの活動
  • 会員検索
  • 機関誌 CLA journal
  • 出版図書
  • 登録ランドスケープアーキテクト

支部

  • 北海道
  • 東北
  • 関東
  • 中部
  • 関西
  • 九州
HOME > 最新ニュース > 登録ランドスケープアーキテクト(RLA)資格制度が改定されました

最新ニュース

登録ランドスケープアーキテクト(RLA)資格制度が改定されました

2014.04.03

 登録ランドスケープアーキテクト(略称、RLA)資格制度は、発足より10数年が過ぎ、昨年度は資格認定試験も10回目を数えました。これも、皆様方のご高配やご協力の賜物と、厚く御礼申し上げます。また、昨年度はRLA資格保持者個人の会である「日本ランドスケープアーキテクト連盟(略称、JLAU)」が発足しました。

 ランドスケープコンサルタンツ協会(略称、CLA)の一般社団法人への移行に伴い、「RLA資格制度」が内閣府より公益事業に認定されたことにより、従来、RLA資格制度総合管理委員会の元にあった事務局ならびに運営母体を、CLA内の正式な組織として位置付け、今後、運営していくこととなりました。

 あわせて、10年間の運用により生じたさまざまな事項に適合するように、この度、下記のとおりRLA資格制度の改定を行うこととなりました。

 

1.CLA内の常任委員会として「RLA資格制度運営委員会」を新たに創設した。

 ・RLA資格制度はCLAの公益事業となった。
 ・これにより、制度を運営する「RLA資格制度運営委員会」をCLA内の常任委員会として新設した。
 ・また、「RLA資格制度運営事務局」をCLA内に設置した。

2.CLA会長が委嘱する各委員会等の機関の役割と位置づけを、実態に照らして明確化した。

 ・「総合管理委員会」の下に設置されていた下記分科会等を、CLA会長の下に置いた。

  ①「試験問題作成分科会」:試験結果の採点も扱っていたが、これについては別途「採点分科会」を設置した。

  ②「試験実施分科会」:廃止し、CLA内に設置される「試験実施本部」と「運営事務局」で役割を担うこととした。

  ③「総務委員会」:廃止し、CLAの常任委員会として新規に設置する「運営委員会」でこの役割を担うこととした。

 ・「教育分科会」は、実質的には設置されていなかったため、総合管理委員会全体でこの役割を担うこととした。

3.各委員会の職務等を、以下の概要のとおり明確化した。

 (1)総合管理委員会

  *以下の審議及びCLA会長への答申

  ・RLA資格制度に関する重要事項

  ・その他会長より諮問を受けた事項

  *以下の決定及びCLA会長への報告

  ・受験資格の基準

  ・試験の合否判定基準

  ・RLAフェローの資格認定

  ・登録等資格の判定基準

  ・専門教育等の認定基準

 (2)試験統括委員会

  *以下の決定及びCLA会長への報告

  ・試験問題

  ・模範解答

  ・試験の配点と採点基準

 (3)試験検定委員会

  *以下の決定及びCLA会長への報告

  ・合否の決定

 (4)CLA内機関

  ・上記委員会の運営に関する事項

  ・予算の執行に関すること

  ・試験の実施及び登録等の実務に関すること

  ・教育・普及に関すること

  ・その他会長より諮問を受けた事項

 (5)実働機関

  ① 試験問題作成分科会

  ・試験問題案、模範解答案の作成

  ・試験の配点・採点基準案の作成

  ・その他会長より諮問を受けた事項

  ② 試験実施本部及び試験場本部

  ・試験の実施

  ③ 試験採点分科会

  ・試験答案の採点

  ・その他会長より諮問を受けた事項

4.以上の各機関の名称を、次の考え方で統一・整合化させた。

 ・RLA資格制度全般を所掌する機関には、冒頭に「RLA資格制度」を付与する

 ・RLA資格認定試験に関する職務を担う機関には、冒頭に「RLA資格認定試験」を付与する。

5.新たに「RLA補」及び「RLAフェロー」の資格を追加した。

 (1)「RLA補」:ランドスケープに関する基礎的な知識を有し、RLAが実施する業務を補助できる知識と能力を持つ者

  ・受験資格は問わない

  ・一次試験(従来の試験セクション1及び3:択一試験)に合格した者がRLA補となる資格を有する

 (2)「RLAフェロー」:RLA資格制度の発展や後進の指導に寄与してきたと認められ、RLAと同等以上の知識、技術、能力
   を有していると認められる者

  ・RLA2名以上の推薦に基づき、総合管理委員会での審査を踏まえ会長が認定

6.試験は、以下の編成に変更した。

 (1)一次試験:従来のセクション1及び3を合体し、一体として審査し合否を判定

 (2)二次試験:従来のセクション2及び4を、二次試験①、二次試験②とし、それぞれについて合否判定を行い、
   合格証を発行する。

 (3)一次試験及び二次試験①と②の合格証をもって、RLAの資格登録ができることとした。
   (従来は個々の合格証に有効期限(3年間)があったが、今後は無期限とした)

7.以上により、規程・規則類は以下のような構成とした。

 (1)RLA資格制度 実施規程

  ・RLA資格制度に関わる基本規程

  ※従来の「RLA資格制度登録規則」及び「RLA資格制度登録更新細則」を合体化

 (2)RLA資格制度 総合管理委員会規則

 (3)RLA資格認定試験 事務規則

  ※従来の「RLA資格制度認定試験事務細則」を合体化

 (4)RLA資格認定試験 統括委員会規則

 (5)RLA資格認定試験 検定委員会規則