HOME > 登録ランドスケープアーキテクト(RLA) > RLA補資格の取得方法(インターネット申込)

登録ランドスケープアーキテクト(RLA)

RLA補資格の取得方法(インターネット申込)

RLA補資格について

 登録ランドスケープアーキテクト補(Registered Landscape Architect Basic、以下、RLA補という。)とは、ランドスケープに関する基礎的な知識を有し、登録ランドスケープアーキテクト(Registered Landscape Architect、以下「RLA」という。)が実施する業務を補助できる知識と能力を持つ方を認定するものです。

 これまで、RLAはランドスケープアーキテクチュア業務に関するプロフェッショナルとして、一定水準の知識、技術、能力を持つ技術者個人を認定する資格制度として運営してきました。この度、この制度をより一般的なものとし、ランドスケープアーキテクトの社会的認知度を向上するため、「RLA補」制度を導入し、出来るだけ多くの方々に受験して頂けるようにいたしました。この制度は、これまでのRLA同様に、一般社団法人ランドスケープコンサルタンツ協会内に設置された「RLA資格制度総合管理委員会」の元に実施するものです。

 RLA補資格認定試験に合格し、所定の登録手続きを完了することによりRLA補登録証が交付され、「RLA補」の称号を称することができます。

 試験の詳細につきましては、下記のRLA補資格認定試験 受験の手引きをご確認ください。

 

  2021年RLA補資格認定試験 受験の手引き(PDF)

 

 

2021年 登録ランドスケープアーキテクト補(RLA補)の資格取得のスケジュール

試験案内のホームページ掲載

4月1日(木)掲載開始

          ↓

ホームページの申込フォームにて    データ入力、受験手数料払込による申込

6月1日(火)~7月15日(木)

          ↓

受験通知(受験票の送付)

8月20日(金)発送予定

          ↓

資格認定試験実施

9月26日(日)

          ↓

合否通知の発送

11月19日(金)

          ↓

登録手続き開始

11月下旬~3月末まで

          ↓

登録証発行

登録手続き申請から概ね1カ月半後