登録ランドスケープアーキテクト(RLA)

RLA資格とCPD制度について

 RLA資格とCPD制度に関する質問が多数寄せられておりますので、改めてRLA資格とCPD制度参加についてのご案内を掲載させていただきます。ご不明点等につきましてはRLA資格制度運営事務局(info@cla.or.jp)までご連絡をください。

 

CPD制度参加に関するご案内

 

 RLAならびにRLA補は、登録してから3年後に「登録更新」をする必要があります。登録更新には、公益社団法人日本造園学会が運営する造園CPD制度、もしくは建設系CPD協議会に加盟している団体のCPD制度において、3年間で150単位(RLA補は60単位)以上のCPD単位の取得が必要です。

 

例:2021年度RLA合格者は、資格有効期限が2025年6月30日となります。
  2022年度・2023年度・2024年度の3年間でCPD150単位以上を取得し、
  2025年4月から6月の間に登録更新手続きが必要となります。

RLA登録更新スケジュールのイメージ図

 

 

●造園CPD制度への参加方法について

造園CPD制度へ参加する方法は、以下の3通りあります。

 

①CPD会員1になる(年会費:無料)

  日本造園学会等の団体に入会することにより、「CPD会員1」として造園CPD制度に参加することができます。
 CPD会員1になることができる団体については、日本造園学会 造園CPD制度ホームページの
 「新規入会申込・新規登録」をご参照ください。

 

②CPD会員2になる(年会費:2,500円)

  RLAならびにRLA補資格所有者は、ランドスケープコンサルタンツ協会(CLA)を通して、「CPD会員2」と
 して造園CPD制度に参加することができます。RLAならびにRLA補資格所有者には、事務局より5月上旬から6月
 末と9月上旬から10月末の年2回、メールにて入会案内のご連絡をいたしますので、入会希望の場合はその際にご回答く
 ださい。

 

【当協会を通してCPD会員2になる際の注意点】

 ※募集期間内に継続意志の回答が無い場合は退会扱いとなります。
 ※RLAならびにRLA補資格の有効期限が過ぎると、当協会を通してCPD会員2の斡旋ができなくなります。
 ※上記のCLAを通してCPD会員2になることは、CLA会員(法人・団体会員、個人会員)を意味するものでは
  ありません。

 

③CPD会員3になる(年会費:4,000円)

  上記のいずれに該当しない場合、「CPD会員3」として造園CPD制度に参加することもできます。一年中いずれの
 時期でも入会できます。入会方法につきましては、日本造園学会 造園CPD制度ホームページの
 「新規入会申込・新規登録」をご参照ください。