HOME > 最新ニュース > 令和4年12月12日開催:CLA2022 国際セミナー 「WHO 欧州地域事務局編纂 都市緑地:Urban Green Spaces」 都市緑地の重要性をウェルビーイングの観点から捉える

最新ニュース

令和4年12月12日開催:CLA2022 国際セミナー 「WHO 欧州地域事務局編纂 都市緑地:Urban Green Spaces」 都市緑地の重要性をウェルビーイングの観点から捉える

2022.11.10

 WHO欧州地域事務局が2017 年に都市緑地政策に関する小冊子を発行しました。コロナ禍に世界がさらされて公衆衛生の面からも都市緑地の重要性が見直される今、このWHOが発行した冊子が再評価されています。2022 年WUPジャパンがWHO欧州の承諾を得て邦訳を発表しました。この小冊子を基に、本セミナーでは、ウェルビーイングとみどり政策の関係について議論したいと考えます。

 

  

日 時 :令和4年12月12日(月) 17:00~19:00

場 所 :CLA会議室よりWeb配信(Zoom)

 

内 容 :・講演 (仮題)「都市緑地に対するWHOの捉え方」

              浦崎 真一(大阪芸術大学准教授)

     ・クロストーク「ウェルビーイング施策におけるグリーンインフラの役割」

       コーディネーター:小野 隆(CLA国際委員長)

       コメンテーター :浦崎 真一、嶺岸 さゆり(WUPジャパン事務局)、

                鈴木 綾(LBA幹事・第二部会部会長)、井野 貴文(CLA技術委員)

     ・閉会 セミナーのまとめ 石井 ちはる(CLA技術委員長)

 

 

参加費 :主催・共催・後援団体の会員は無料、その他一般の方は3,000 円

定 員 :100名

その他 :・本セミナーは造園CPD認定プログラム(2.0単位)として申請中です。

     ・参加者には、開始日の7日前を目途にZoomのログインIDをお知らせいたします

申 込 :・申込書をmailまたはFAXにて送信いただくか、以下のフォームよりお申し込みください

 

※詳細ならびに申込書は こちら